大山・板橋の歯科・歯医者なら飯田歯科医院

急患OK
03-3955-6787
〒173-0023 東京都板橋区大山町6-9 松本ビル2F

東部東上線「大山」駅南口より徒歩3分

一般歯科

できるだけ歯や神経を抜かない・削らない治療

治療を受けるとき、ほとんどの方が願うこと。それは、「できるだけ削らず、歯や神経や残して欲しい」ということです。
最近の歯科治療は、削る量をできるだけ減らし、歯を保存する傾向にあります。しかし中には再発を防ぐために、感染部を多めに削る歯科医がいることも事実です。
当院ではできるだけ「歯を削らない・歯を抜かない・神経を抜かない」治療を心がけています。
そのために現在の歯の状態を正しくお伝えし、患者さんのご要望をお聞きしながら、適切な治療を行っています。
とはいえ歯の状態によってはやむを得ず歯や神経を抜くこともあります。
それは歯や神経を残しておくことにより痛みが生じるようでは、本来の治療とはいえないからです。
時には次の治療に進めないこともあります。
大切なことは健康な歯にかかる負担を軽くすることだと考えます。
当院では一人ひとりの患者さんに適した治療を行うよう努めていますので、歯や神経を残すための最大限の努力を惜しみません。
また、枕の高さや形、寝ぞうの改善により、痛みが消え、歯を削らなくて済む場合もあります。

副院長は根管治療のプロ

治療を受けるとき、ほとんどの方が願うこと。それは、「できるだけ削らず、歯や神経や残して欲しい」ということです。
最近の歯科治療は、削る量をできるだけ減らし、歯を保存する傾向にあります。しかし中には再発を防ぐために、感染部を多めに削る歯科医がいることも事実です。
当院ではできるだけ「歯を削らない・歯を抜かない・神経を抜かない」治療を心がけています。
そのために現在の歯の状態を正しくお伝えし、患者さんのご要望をお聞きしながら、適切な治療を行っています。
とはいえ歯の状態によってはやむを得ず歯や神経を抜くこともあります。
それは歯や神経を残しておくことにより痛みが生じるようでは、本来の治療とはいえないからです。
時には次の治療に進めないこともあります
。大切なことは健康な歯にかかる負担を軽くすることだと考えます。
当院では一人ひとりの患者さんに適した治療を行うよう努めていますので、歯や神経を残すための最大限の努力を惜しみません。
また、枕の高さや形、寝ぞうの改善により、痛みが消え、歯を削らなくて済む場合もあります。

患者さんの生活習慣を治療のヒントにします

むし歯や歯周病には必ず原因があります。
特に食生活や生活習慣と密接な関係があり、日頃から注意することで、健康で丈夫な歯を作ることができます。
たとえば歯や骨を作るカルシウムや炎症を抑えるビタミンCが不足していると、むし歯や歯周病になりやすい傾向があります。
また足を組む、頬杖をつく、猫背になる癖があるかたは、不正歯列や顎関節症などを引き起こすこともあります。
当院ではまず主訴となる歯の症状と併せ、食生活や生活習慣についても詳しくお聞きしていきます。
これらの情報をヒントにしながらむし歯の原因を突き止め、それをもとに適切な処置と健康な歯を守るための指導を行っています。

 

むし歯の進行メカニズム

むし歯はどのように進行していくのでしょうか? ここではむし歯が進行していくメカニズムをご紹介します。

むし歯の進行メカニズムむし歯0度(C0)

歯の表面(エナナメル質)が白く濁っている状態で、特に痛みはありません。
むし歯になる一歩手前ですので、この段階でしっかり処置をすればむし歯が防げます。

 

 

むし歯の進行メカニズムむし歯1度(C1)

エナナメル質が溶け始めた初期の状態の浅いむし歯です。
治療は感染部を削り取り、薬を入れて終わります。

 

むし歯の進行メカニズムむし歯2度(C2)

むし歯がエナメル質の内側にある象牙質まで達した状態です。
神経に近く冷たいものがしみるようになります。
治療では感染部を削り取って薬を詰めますが、大きく削ったときは詰め物を被せることがあります。

 

むし歯の進行メカニズムむし歯3度(C3)

むし歯が歯髄(神経)まで達した状態で、大きな穴があいています。
冷たい物・熱い物にしみる、痛みが伴うなどの症状があります。
この段階になると歯髄を取り除いて処置し、場合によっては根管治療(根の治療)が必要になります。

 

むし歯の進行メカニズムむし歯4度(C4)

むし歯が根の先まで達すると神経が壊死し、痛みが感じなくなります。
根が残っていれば根管治療を行った後、さし歯などを被せます。
また残っている歯質が少ない、あるいは根の先まで細菌感染を起こしている場合は、残念ながら抜歯となります。
むし歯は自然治癒することはありません。
そのままの状態にしておくと進行していきますので早期発見・早期治療を心がけましょう。

 

最新レーザー治療で予後の高い治療を行う

歯科治療用レーザー治療器『Nd:YAGレーザー』を使った、予後の高い根管治療を行っています。
このレーザーは照射時に伴う熱さや痛みが少なく、麻酔なしでも治療が行えます。
むし歯予防や根管治療(根の治療)、歯肉などの切開、口内炎の炎症を抑える、歯肉の腫れや出血を抑える、知覚過敏予防、歯ぐきの黒ずみ除去など、あらゆる症例で使用し、高い治療効果をあげています。